2022.10.27 - 28
Next Explosion

R&D?
Game?
Management?
Web Browser?
Web3?
Career Path?

About SAKURAJIMA
HOUSE

「さくらじまハウス」は、鹿児島で開催されるIT技術の可能性を信じるすべての方々のためのイベントです。

最前線でご活躍されているゲストの刺激的なお話を体感し、チャレンジのきっかけを得ることができます。

さくらじまハウス2022のテーマは「継承」です。

ゲストの技術や考え方の継承だけでなく、参加者のそれぞれの分野以外の技術を知る機会としての継承という意味を込めてテーマを設定しました。

エンジニアはもちろん、学生の方にも楽しんでいただけるイベントです。

Time Schedule

タイムスケジュールは調整中のため、プログラムが前後する可能性もございます。

更新はSNSでもお知らせしますのでぜひフォローをお願いします!

前回のSAKURAJIMA HOUSE2020の内容はこちらからご確認ください。

10/27(Thu)

10/28(Fri)

開場・受付

<お持ち物>
お名刺(受付にて1枚お預かりします)

<交流会参加申込の方>
受付にて「交流会参加」とお伝えください。

    開場・受付

    <お持ち物>
    お名刺(受付にて1枚お預かりします)

      開会

        開会

          調整中

            調整中

              休憩

                休憩

                  パスワードのない世界に向けて

                  パスワードの漏洩やフィッシングによって、アカウントの乗っ取りはあとを絶ちません。複雑なログイン方法ではユーザーも離れていってしまいます。
                  このセッションでは、なぜパスワードをなくすべきなのか、パスキーのご紹介とそれを使ってパスワードなしで安全なログインを実現する方法、そして Google の計画についてお話しします。

                  • えーじ[Google デベロッパー アドボケート]

                  なぜEVMが俺達の魂を震えさせるのか

                  「Web3」という単語は今では多くの方が耳にしたことがあるでしょう。しかし大抵の場合はその経済的側面ばかりが取り沙汰されているため、多くの人はその技術的側面をよく知らなかったり、ともすれば怪しいイメージを抱いてすらいるのが実情ではないでしょうか。
                  本セッションでは、Web3領域にいち早く取り組み実際のプロダクトを開発運用している3名のエンジニアをお招きし、「DeFiプロトコルの開発」「Web2エンジニアがWeb3エンジニアになるために何が必要か」「Web3版、枯れた技術の水平展開」という3つのトークテーマについてあくまで技術に立脚した視点から語っていただきます。

                  • 部谷 修平[株式会社Teliha]
                  • 落合 渉悟[合同会社sg/大阪大学]
                  • 谷口 英[Digital Entertainment Asset]

                  休憩

                    休憩

                      LT

                      登壇者調整中

                        LT

                        登壇者調整中

                          休憩

                            休憩

                              技術を技術で終わらせない、僕たちはなぜ事業を作るのか

                                続・多様化するエンジニアの生態

                                  休憩

                                    休憩

                                      調整中

                                        研究開発の先に見据える世界

                                          閉会の挨拶

                                            閉会の挨拶

                                              交流会

                                                Get Ticket

                                                お申し込み

                                                さくらじまハウス2022スカラーシッププログラム

                                                「さくらじまハウス2022」では、次代の鹿児島のIT業界を担う鹿児島県内在住の多くの学生の方々にも参加していただきたいと考えています。

                                                遠方や離島のお住まいの方にとっては交通費や宿泊費の負担も大きく参加が難しい事もあるため、その費用をさくらじまハウス2022実行委員会にて負担する「さくらじまハウス2022スカラーシッププログラム」を行うこととしました。

                                                詳しくは、以下リンクからをご確認ください。

                                                開催概要

                                                イベント名 さくらじまハウス 2022
                                                日時

                                                2022年10月27日(木)13:00-18:10

                                                2022年10月28日(金)13:00-18:10

                                                両日受付開始:11:00〜

                                                交流会:2022年10月27日(木 18:20-20:00

                                                会場

                                                mark MEIZAN

                                                〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町9-15

                                                参加費 無料
                                                会場の諸注意 mark MEIZAN 3F~5Fについては入居室になりますので、関係者以外立ち入らないようお願いいたします。

                                                会場には駐車スペースがございません。ご面倒をおかけいたしますが、公共交通機関又は近隣の一般駐車場をご利用くださいますようお願いいたします。

                                                座席数に限りがあるため、立ち見でのご参加となる可能性があります。
                                                個人情報の取扱いについて 本イベントのお申し込みいただいた個人情報は、マークメイザン運営事務局にて管理いたします。
                                                マークメイザン運営事務局では、申込みにて取得した個人情報は以下の通り利用いたします。

                                                ・利用される個人情報の項目
                                                会社名、部署名、役職、お名前、電話番号、メールアドレス
                                                ・利用する者の範囲
                                                マークメイザン運営事務局
                                                ・利用する個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称
                                                マークメイザン運営事務局
                                                ・利用する者の利用目的
                                                メールマガジンの送付・電話やメールによるサービスやセミナー等のご案内

                                                Sponsor&Partner